mukau-kanji_W.png

Follow me

  • YouTube
  • facebook
  • Twitter Clean

横浜と映画

DSC00161_M.jpg

【BLOG】横浜の映画会社が​横浜と映画の関係をまとめてみた!

​横浜と映画の歴史

 横浜と映画の歴史は、明治時代に始まります。1874(明治7)年、「伊勢佐木町」という町名が生まれました。その後、この地域に芝居小屋や寄席が集まり、横浜のエンターテインメントが賑う盛り場となっていきます。1896(明治29)年に輸入された映画は、翌年に住吉町にあった劇場「港座」で仏リュミエール社「キネマトグラフ」が公開されました。ここから横浜での映画上映(活動写真)の歴史が始まりました。

image (8).jpg

横浜伊勢佐木町の賑ひ (横浜市中央図書館所蔵)

 日本最初の映画常設館は1903年、浅草電気館が営業を始めます。横浜では5年後の1908(明治41)年、Mパテー電気館(のちの敷島館)が始まりと言われているが諸説あります。その後、伊勢佐木町周辺はシネマを中心とした盛り場に。1911(明治44)年のクリスマスには日本最初の洋画専門館といわれる「オデヲン座」が賑町(にぎわいちょう:現在の伊勢佐木町)に創業した。輸入された映画の先駆け上映に使用される「封切」という言葉も「映画ファン」という言葉も、この「オデオン座」から生まれたと言われています。1915~20(大正4~9)年頃の伊勢佐木町界隈では芝居小屋等の劇場街から映画館街への変貌の時期でした。その中でも老舗の喜楽座はまだ劇場として運営するものの、映画にも積極的で実演と上映を織り交ぜた「連鎖劇」を試みていたそうです。なお、大正期に入ると国内でも劇映画の制作が始まりました。

image (9).jpg

横浜伊勢佐木町通(喜楽座) (横浜市中央図書館所蔵)

横浜が映画の街となっていく

 大正期に映画館街として発展した伊勢佐木町界隈でしたが1923(大正12)年に起きた関東大震災で、横浜市は壊滅的な被害を受けました。映画館も同様にすべて崩壊したそうです。しかし、オデヲン座は翌年には興行を再開。昭和初期には映画館の復興が街を元気づけ、伊勢佐木町の街全体が盛り場として戦前の全盛期を迎えます。

image (11).jpg

(大横浜名所) 伊勢佐木町通り Isesakicho-dori, Yokohama. (横浜市中央図書館所蔵)

太平洋戦争が始まると対戦国である欧米映画の輸入が難しくなっていきました。横浜の洋画専門館は大きな打撃を受けます。戦時中に上映される映画の多くが戦意高揚の国策映画となり、映画文化は衰退していきます。戦争は激しさを増し、日本本土への空爆も始まります。1945(昭和20)年5月29日は「横浜大空襲」の被害もあリました。多くの建物が倒壊した空襲時の横浜の姿を心が痛みますね。そして終戦を迎えるものの、その後も横浜は戦争の影響を受け、進駐軍に多くの土地を接収されました。その中には映画館もあったそうです。占領期が終わると徐々に伊勢佐木町には活気がよみがえります。昭和30年代には伊勢佐木町の通り約1kmの範囲に約40館の映画館が並び、当時日本で一番映画館の多い街と言われてました。

image.jpg

「Night View of Isesakicho Street, YOKOHAMA.  夜の横浜・伊勢崎町 [伊勢佐木町]通」 (横浜市中央図書館所蔵)

横浜で撮影された映画

 横浜を舞台にした映画はこれまで数多く製作されてきました。例えば黒澤明監督の『天国と地獄』は、全てが横浜舞台ではありませんが当時の伊勢佐木町が見れる貴重なシーンがあります。映画や映像は撮影当時の風景やその街の雰囲気を記録する事が出来ますよね。またその他にも怪獣映画ですと『ゴジラvsモスラ』やアニメーションですとスタジオジブリの『コクリコ坂から』は横浜を舞台にしていますね。横浜を舞台に制作された様々な年代の作品があり、それぞれの横浜を楽しむ事も一つの映画の楽しみ方かもしれません。この記事では横浜と映画の歴史を中心にまとめましたが、改めて横浜の歴史と映画文化の密接な関係を感じましたし、改めてこの場所の魅力を感じますね。他の作品は別の記事でご紹介したいと思います!! お読みいただき、ありがとうございました!

​夏井 祐矢

CONTACT

動画・広告制作に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

Cell:045-550-5755

Email:info@mukau-llc.com

​​お問い合わせありがとうございます!