top of page

動画制作費の相場は? 目的と費用対効果についての考え方を解説!

更新日:2月7日


動画制作費、動画制作、動画プロモーション、費用対効果、会社、横浜、目的、動画広告

「動画プロモーション」は多くの企業が、会社紹介やブランディング・サービス紹介等で活用しています。自社でも動画を活用しようと考えていても費用や効果が分からず、まだ活用できていない企業も多いのではないでしょうか。


そこで動画制作についてまずは情報収集をされている方に向け、本記事では以下の内容をご紹介します!


  • 動画制作の目的

  • 動画プロモーションの制作費相場

  • 動画プロモーションの費用対効果についての考え方


誰もが作る前にある程度のノウハウは知っておきたいのが正直なところ‥。

動画制作の目的と費用対効果を把握をしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。




動画制作の目的

 

動画制作費、動画制作、動画プロモーション、費用対効果、会社、横浜、目的、動画広告

会社紹介

社員インタビューや社内を紹介し会社を形作る方々の想いを伝える動画です。相場は約50万円程度です。

求人動画

求職者の方に向け、求める人材や会社の雰囲気を伝える動画です。相場は約50万円程度です。

サービス・商品紹介動画

会社のサービスや・商品の特徴を紹介する動画です。近年はアニメーション(モーショングラフィック)で制作される事例が多いです。相場は実写とアニメーションで異なりますが約30-70万円程度です。

周年動画

会社の周年を記念し、これまでの歴史や受け継がれてきた想いを紡ぐ動画です。相場は約50-100万円程度です。

ブランディング動画

企業の独自性を区別するブランドを体現する動画です。イメージやモデルを起用するケースが多いです。相場は約300万円程度です。

セミナー・イベント動画

セミナーやイベントの記録動画です。相場は約30万円程度です。

マニュアル・社内ツール動画

自社で扱うツールの取り扱いを学び効率化を図るマニュアル動画です。相場は約30万円程度です。


大きく分けて上記表の通り、動画制作の目的を分類してます。

まずは動画の時代だから動画を作るのではなく、活用する目的を整理し、何を伝えるために動画という手段が適しているかを考える必要があります。


動画は1分間の動画は一般的なWEBページの3600ページ分の情報量に匹敵します。動画には音、動き等の要素も含まれているので、文字や画像だけよりも多くの情報を瞬時に視聴者に届けることができます。そのため伝えることが難しい複雑な内容やwebでは見えてこない雰囲気を短時間で伝達でき、視聴者とのコミュニケーションを円滑に促します。



動画プロモーションは

「制作費」のみではない?

 

動画制作費、動画制作、動画プロモーション、費用対効果、会社、横浜、目的、動画広告

1の章では動画の目的について、解説しました! しかし、動画は作った後に費用が必要となるケースがあります。目的によって制作した動画をより多くの人に届ける必要がある場合は「動画広告費」を検討する必要があります。


Youtubeでは動画広告費を支払い、ターゲットを絞るセグメント機能を活用し配信することができます。[地域・性別・年齢・好み・キーワード・時間帯・曜日]などを設定できるので、動画の想定ターゲットに絞って配信でき、より効果が期待できます。


動画内にサイトへのリンク(CTAボタンなど)を表示でき、ユーザーが商品サイトなどにすぐアクセスできます。テレビCMなどとちがい、視聴者の行動を促しやすいです。




動画プロモーションの

費用対効果の考え方

 

動画制作費、動画制作、動画プロモーション、費用対効果、会社、横浜、目的、動画広告

動画は営業人材です!集客人財を一回(動画制作費)の給料で一生雇うことができる存在!


動画制作も目的によってゴールは様々ですが、目的が受注の場合の費用対効果について

そもそも効果が完全にわかる広告は存在しません。様々な広告代理店や、コンサルティング会社が数値化してクライアントに情報を共有しますが、確実な効果が初めから分かっている広告は存在しません。しかし‥‥


動画プロモーションは一時的な広告ではありません。動画は制作後、モデルや使用期限のない場合は一生使うことが可能です。事例としては約3-5年程度使用するケースが多いです。


自社webサイトに埋め込む事やSNSなど多様化するプラットフォームに合わせ、反永久的に集客に注力した人財を一生(掲載し続ける限り)雇っていることと同じです。動画プロモーション制作費をショットでかけた後はその効果が持続します。


つまり不動産にしても飲食・クリニック等、様々な業種にしても、投資した費用をいつまでに回収できるかは各企業さま(業種)によって異なりますが、確実に回収できるということはここからもお分かり頂けるかと思います。




4 

目的を整理し、自社に合った

動画を活用しましょう!

 


動画制作費、動画制作、動画プロモーション、費用対効果、会社、横浜、目的、動画広告


これまで動画制作の目的と費用対効果の考え方について記事の中でまとめました!


まずは自社の中での何の情報発信をするために動画が必要なのかを整理することから始めましょう!目的が明確でないとせっかく予算をかけて制作しても視聴者にあまり伝わらない内容となってしまいます。そして動画のメリットを考慮して、訴求する内容を整理していきましょう。


費用対効果については考え方は様々ですが、動画は決して一時的な広告では終わるものが多くはありませんので、ショットの制作費の投資で長く使える利点を最大限に活かしましょう。


動画制作をする会社の言うことではありませんが、動画の時代だからといってそれだけで動画を制作するべきではありません。よろしければ御社の動画を活用したい目的を一緒に発見しましょう。物語を扱う映画事業を行う夢何生だから掘り出せるメッセージがあります。

神奈川県内・横浜市での動画制作をご検討の方はぜひ弊社をご利用ください。


動画制作費の相場は? 目的と費用対効果についての考え方を解説!



閲覧数:32回0件のコメント
bottom of page